読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどきDJ

ときどきDJをやっているIT系の人の殴り書きです。

映画『娚の一生』を観た

Amazonプライムビデオでいまさら観たシリーズ。前回はこちら。

tokidokidj.hatenablog.com

ざっと所感

  • 榮倉奈々かわいい
  • 冒頭10分くらいは榮倉奈々が可愛い映画だと思ってた
  • 背中
  • 眼福眼福
  • ひたすら豊川悦司がかっこいい
    • 恋なら仕方がなかったと思う
  • 原作読んでないんだけど結構設定違う?
  • これまた音楽よかった
  • といっても映像美がすごい
    • 単に榮倉奈々が美しかったりや豊川悦司がかっこいいだけじゃない
    • 写真撮りにとっても構図の参考になる映像だった
  • いちいちモノや建物がキマってた
    • 母屋が生活の染み付いた作りで印象深かった
    • 水場で泣く榮倉奈々美しすぎ*1
    • 離れお洒落すぎやしませんかね
    • センスが光るモノ選び
  • 佳代さんもたいまさこさんだと思ってたら木野花さんだった
  • 海江田さんマジいい感じでデリカシーなくてすげーウザくてかっこいい
  • 榮倉奈々も背高いのに豊川悦司の高身長でバランスがもう最高にかっこいい
  • 染め物ってやっぱグッとくる
    • 日本人だからだろうか
    • 十和さんは赤みがかった色だったけどつぐみさんは青も染めるのね
  • ふたりとも和服に合う
  • 姉の旦那さんも煙草吸うのな
    • 海江田の煙草もハイライトってのが渋い
  • まことまっすぐに育って欲しい
    • マジ足
  • 流石に嵐の中おぶっていくのは止めといた方がいいだろうよ
    • ヒーローは遅れてやってくるもんだ
  • スタートが下屋敷さんを抱きしめる海江田さんで、ラストが海江田さんを抱きしめる堂薗さんという、もうああ

総評

構図の参考として非常に優秀な映画だった。学ぶところが多い。映画としてグッとくる場面は非常に多かったが、第一に「構図やべえ」って感じだったのでもしかすると物語、あるいは「映画そのもの」とでも言おうか、そういったところは「ああよかったな」って程度だったのかもしれない。いや、すごい良かったんだけど、人生で数本ある「なんどでも観たい」というところの映画とは又違うのかもしれない*2なと考えさせられた。そういう意味では、とても意義ある鑑賞だったと思う。

*1:ビジュアル面だけじゃなく、あそこのタイミングで泣くのが相まって美しい

*2:前回の『楽園追放』『サカサマのパテマ』しかり