読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどきDJ

ときどきDJをやっているIT系の人の殴り書きです。

坂本真綾嬢に惚れてしまいそうです


坂本真綾「Be mine!」Music Video - YouTube

坂本真綾嬢とthe band apart/江口氏による一曲。

 

こんな曲がリリースされてるなどつゆ知らず、ニュースアプリでインタビュー記事を読んで初めて聴いたが素晴らしい。

 

最初に聴いた時はバンアパ的というよりむしろ菅野よう子女史っぽい感じの印象を受けていたけど聴けば聴くほど素晴らしい。ギターの程よい激しさをより際立たせるリズム隊の疾走感、特にサビのハイハットのテンション上がりっぷりったらない。

 

が、今回一番グッと来たのは歌詞だったりする。アニメのタイアップなだけあって世界征服的な言葉で構成されているが、普段歌詞なんてほぼ気にしてない僕であっても心を鷲掴みにされるような素敵なものだった。

※アニメは見てないので歌詞の世界観がどこまでアニメと一致してるかはわからないけど

 

「てっぺんで見下ろしたい

 完全掌握の結末を」

悪の軍団のトップらしい、自分で手を下さない中の野望がひしひしと伝わってくる。

 

「勝負は いただき」

坂本真綾嬢の透き通った声でこんなこと言われたらどうぞお気に召すままと服従せざるを得ない。

 

「お空に星はまたたく」

お空、という言葉遣いのあどけなさに失神しそう。

 

「英雄は裁かれない」

単純に考えさせられる言葉である。現実にままあることだけに。しかしあの声で言われると誰がこの人を裁けるだろうかと問いたい。諸君に問いたい。

 

「まだ見ぬ全部と

 不条理を全部

 輝ける全部が

 欲しい 欲しいから生まれてきた

 遊びは おしまい」

切迫した欲望が痛いほど感じられる。全部持って行ってください。

 

物語性の中に潜む子供らしさが、より「悪の軍団」のイメージを増幅させ、この言葉が大人の女性の声で優しく力強く歌われることで僕の理性は崩壊した。

 

坂本真綾嬢に惚れてしまいそうです。