読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどきDJ

ときどきDJをやっているIT系の人の殴り書きです。

下駄買った

基本的に履物はスニーカーが好きだ。スニーカーが好きだが、仕事の時は革靴だ。そして、夏、ちょっと出かける*1くらいならサンダルで過ごしてしまう。これまではビルケンのサンダル、白のMilanoを愛用していた。かかとのストラップが付いているので安定感があるし、それほど高くない(壊れても精神的ダメージが少ない)のが良い。

そんななか、今年思い切って下駄デビューしようと思った。きっかけはビルケンのサンダルが壊れたというのが5割、残りの5割はカバンを探してsnow peakのウェブストアを覗いていたら偶然下駄を発見してしまったからだ。

snow peakの下駄

store.snowpeak.co.jp

かわいい。思いっきりかわいい。一目惚れだった。そそられたポイントは以下。

  • 国産(職人さんが作ってるらしい)
  • アウトソールにラバー付き
  • 木目がきれいで置いといても目の保養になる
  • お値打ち(¥5,800)
  • 「下駄を履く」とか大人っぽくて憧れる
  • しかも作ってるのがsnow peakでなんかぐっとくる

ということで購入の意志は固かったのだが、鼻緒の色をどうするか悩んでいた。ウェブストアでは黒は既に売り切れ。サンダルは白だったし、白ってだけでちょっとお洒落ぶることができると思ってるので白も魅力的だったが、レザーと違って汚れたら落としづらそうだし夏の足なんておっさんの汚れが顕著に出やすそうだったので無難に黒を選びたくなった。Amazon楽天の非公式ショップではまだ在庫があったが、せっかくだから直販店で買いたいと思い店舗に足を運んだところ、偶然にも各色ラスト1足ずつで残っていたため当初の考えを貫き*2黒を購入した。

下駄を履く生活

実際はまだおろしてないから下駄を履く生活を過ごしているわけではないのだが、今後が楽しみである。大変に楽しみだ。もとからちょっと出かける用で買ったのでまずは毎朝のゴミ出しやちょっとコンビニ行くくらいのところから始めたい。なにせMilanoを選んでいた理由の一つとして「足の指の間がずるむけにならないように」というのがあったからしばらくはゆっくり足の皮膚を鍛えて下駄と足をなじませなくちゃいけない。そしてせっかく下駄を買ったのでゆったりした生活スタイルを出しつつ、きちんと下駄が見えるようなスタイリングでいきたいと思う。無印のアンクルパンツとかと合わせたいところ。

www.muji.net

今後の目標

下駄を「個性的な格好」として履くのではなく、生活に馴染んだアイテムとして使いこなせるようになりたい。プライベートだから下駄で来ちゃった的な。そういう余裕を持った生活ができるように公私共に安定感のある振る舞いをしていけるように身の振り方を整えていきたい。まずは足を慣らすところから。無理は禁物。数ヶ月後に「下駄はいいぞ」みたいなエントリが書けることを願っておこう。

*1:僕にとっては移動時間のみの往復が30分以内なら「ちょっと」の範疇

*2:実際白を見てみたらかなり心揺らいだ