読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどきDJ

ときどきDJをやっているIT系の人の殴り書きです。

「今日もいい仕事してしまったな」と言って寝る

暗い性格なので結構しょうもないことで落ち込むことが多い。以前にも似たようなことを書いたが豆腐メンタルなのである。

tokidokidj.hatenablog.com

このときには「100%の仕事をし切ること」ということで克服しようと試みていたようだが、それと併せて最近していることがある。

「今日もいい仕事してしまったな」

いい仕事ができた日もそうじゃない日も、寝る前に一言「今日もいい仕事してしまったな」と言葉にするようにしている。完全に自己暗示だが、これが意外と精神的に良い効果がありそうで、継続してやっていきたいと思ってる。

何がいいのか

自分を肯定することというのはとても精神衛生上よい。自分を肯定できると明日も頑張ろうという気になれるので、仕事に対する熱量を継続することができる。また、「今日もいい仕事してしまったなと言えるような仕事をしよう」と自分を奮いたたせることもできるので、日中のやる気ブーストにも一役買えると考えている。

さらに、自分を肯定できるようになると自信が出てくる。自信を持つというのはとても重要で、困難な状況であっても「僕ならできる」と思って臨めるようになるとなぜか実際にできるようになったりするから不思議だ*1。そして自信が出てくると顔つきが変わってくると思ってる。イケメンにはなれないが「いい顔」ができるようになる気がしてる。イケメンにだって負けないぞ!という気概くらいは持ち合わせていたいものだ。

何に気をつけるべきか

慢心することにだけは気をつけたいと思う。失敗しようがなんだろうが「いい仕事したな」と言う*2ので、いつしか自分が最強のように考えてしまいそうなところは怖い。自信がある人、いい顔してる人には魅力を感じるが傲慢な人には魅力を感じない。自分を肯定しつつも人を見下すことや失敗を棚上げにはしないようにしていきたい。

結び

自分が仕事できる人だとはまだ思えないが、少なくとも向上心は持っていきたい。向上心をキープするには小さなことを肯定して「まだもっとよく出来る」と気持ちを上に持っていくのが重要だ。可能な限り自分を肯定しつつ、謙虚で周りにいい影響を与えられる存在になれるよう精進していきたいと思う。

*1:もちろん失敗することもある

*2:「あれは完全に失敗だったけどあの程度でとどめられたのはいい仕事だった」とかそういう風に考えて肯定する