読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどきDJ

ときどきDJをやっているIT系の人の殴り書きです。

生活を夏仕様にする

暑くなってきたのできたので生活スタイルを夏仕様にした。

夏仕様

夏から秋までは朝シャワーを浴びる*1。流石に夜も25℃を超えてくると窓閉めて寝たら確実に朝寝汗で気持ち悪くなるので夜はぬるま湯のシャワーをざっと浴びて汗を流すだけにして、洗髪や身体を洗うのは朝にしてる。また、部屋の空気がこもっている以外の原因で暑い場合は容赦なくクーラーをつける。これが僕の仕様。毎年いつくらいからこのスタイルに移行するか忘れるので記録として残しておく。今年は結構早かったきがするな。
もう一段階進むとハッカ油の多用フェーズに入る。

所感

朝シャワーを浴びるにはそれにかかる時間だけ早起きする必要があるが、日も早いうちから昇るし、クーラーつけてても暑いから勝手に目覚めるし、汗を流して家を出られるのは非常に気分がいい。
そして早く起きて食事を済ませてからシャワーを浴びるので家を出る頃にはある程度胃袋の調子も整ってくるから歩いてて気持ち悪くなったりしないのもよい。

デメリット

いくら汗は流してるとはいえ、やっぱり寝る前にベタつきを感じたりすると結構気が滅入る。そのまま寝るからいいといえばいいんだが。あとはシーツとかも頻繁に洗わないとなんか怖いのでそこのコスト(水道代+洗濯乾燥にかける労力+時間)は普段よりもかかってしまう。金銭面で言えばクーラーつけて夏の電気代が少し嵩んでいるのに比べれば大したことはないが、時間や労力はただでさえ暑い中帰ってきてから動く(ないしは家を出る前のドタバタの中で行う)必要があるのでわりとしんどい。結構鉄の意志が必要。

とはいえ

トータルでみると健康的な生活をしてるっぽくてよいと思ってる。「いやいや夏じゃなくても朝シャワー浴びるだろ」って人もいると思うけど、僕は出かける前にシャワー浴びるのは時間的余裕があるときとかちょっと目上の人と会うときくらいで基本は夜派だ。夜シャワー浴びるのが不衛生なわけでもないし。夏には夏仕様の生活を、冬には冬仕様の生活をするようになって3年くらい経つけど経過は良好だ(と思ってる)。

*1:冬から春にかけては朝早くから服を脱ぐのに大変な労力がかかるのでシャワーは夜浴びてから練る