読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどきDJ

ときどきDJをやっているIT系の人の殴り書きです。

もしもスマートグラスが世界に溢れたら

散歩しながらスマートデバイス(特にウェアラブルの中でもグラス)について考えていた。

 

google glassとかtelepacy oneとか、あとはmoverioやmeta glassもそうだけど

ティザー動画を見るとすごくテンションが上がる。

実際すでに某スタートアップのスマートグラスを予約しているんだけど、

実際にスマートフォンレベルに普及したらどうなるかをぼーっと考えていた。

 

もしも世界中でスマートグラスを使ってない人の方が少なくなったら。

自分の視界の中にいろんな情報が表示されて、電車の中とかだとずっとメールしてたり

SNS見てたり、あるいはもっと想像できないようなサービスを利用したりするんだろう。

そんなときはスマートフォンでゲームやってたりするのとかとは全く違う感覚で、

世界を見る「視界」の中に一つ全く違うデバイスが挟まることで

世界を直視できなくなるんじゃないか、とものすごく不安になった。

僕はスマートフォンを使っている時、あくまで自分が感じる世界の中で

小さな窓からいろんな世界を覗いているのだと感じている。

でも、もしスマートグラスネイティブの人間が世の中の多数を占めた時に

彼らにとっての「世界」はすでにデバイスを通した先のものになったとしたら。

僕にとってのスマートフォンという小さな窓が

彼らにとっての世界そのものになってしまうんではないか。

僕の経験している世界を情報フィルターなしに見ることができなくなるんじゃないか。

それがいいことなのか悪いことなのかは想像できないけど、

僕の全くわからない世界が広がっていくんではないかと、

僕と、その人たちとが見る「世界」に永遠に分かり合えない溝が出来てしまうんじゃないかと、

漠然とした不安が払拭出来なかった。

 

基本的に僕はテクノロジーの進化は素晴らしい価値のあることだと思ってる。

でも行くところまで行った場合、いろいろな何かが問われる。

人の生活というものものはみんな美しいものだと信じている。

テクノロジーの進化も素晴らしいものだと信じている。

でもこの不安も、漠然とではあるが確かにあると信じている。